お金の知識を深める為に・・・。

カードローンは計画的に

カードローンはお金の管理がきっちりとできる人でなければ手を出さない方が無難だと思います。カード以外のローンであれば(クルマやマイホーム)計画を念入りに立てて、無理のない返済方法を十分に考慮する余裕がありますが、カードローンは違います。

あなたが店頭でラストワンのバッグを衝動買いするとき、脳はその商品を手に入れることしか考えていません。その時に財布に十分な持ち合わせが無ければ、すぐカードで決済という行動になりがちです。また、分割できるために、「まあ大丈夫だろう」という思考に陥りがちです。

そうして、月々の支払額が少ないからといって、「まだ大丈夫まだ大丈夫」と、購入する商品が2点、3点と増えていけば、次の引き落とし日に信じられない金額になっているものです。そして分割購入であるならば、それが一回では済まず、分割した回数分、その支払いに追われることになります。

マイナス面ばかり触れましたが、ネットショッピング等では銀行振込や代金引換のように手数料がかからない点、購入する店舗によってポイントが貯まる点など、使い方によってはとても便利な存在でもあります。大事なことは「無理をしないこと」。きちんと自分の返済能力を把握して、カードローンを活用することが大切です。

カードローンと総量規制について

2010年の改正貸金業法によって総量規制が導入されました。一方で銀行法には総量規制の適用はありませんから、カードローンを提供している業者は主に銀行と大手の消費者金融ですから、両者のカードローンの審査や利用条件に法的な違いができてしまっています。

消費者金融は貸金業者でありますから、改正貸金業法の規制を受けますので、年収の三分の一以上の貸付はできませんし、貸付にあたっては金額が一定以上になれば収入証明書の提出を受けなくてはなりませんが、銀行ではこのような縛りはありません。

このように一件不公平感がありますが、それでも消費者金融のカードローンが廃れてしまっているということはありませんから、消費者金融のカードローンも銀行のカードローンと比べるとメリットがあると感じる人が少なからずいるのでしょう。逆に考えてみれば、これだけの有利な条件のある銀行のカードローンが消費者金融のカードローンを完全に凌駕できないのには何か理由があるのでしょうか。

中小の消費者金融は危険なのか

テレビコマーシャルをしているような大手の消費者金融が危ないというイメージはあまりないと思います。ただし、銀行とは違い消費者金融は大手からそのあたりで営業している街金ともよばれるような中小の消費者金融までかなり幅広いといってもいいかもしれません。

あまり聞いたことがないような中小の消費者金融でも、いわゆる闇金とは違います。闇金は法律の外で営業をしている業者でありますが、中小とは言っても消費者金融と言う以上は法律の範囲内での営業をしています。もちろん、違法な金利を取ることなどは不可能と言っていいのです。

しかし、問題もないわけではありません。中小の消費者金融を装った闇金がないでもないからです。消費者金融であれば、金融庁に消費者金融であることを登録しなければなりませんので、たいていは登録ナンバーを記載しています。しかし、ナンバーがあるからといってしっかりと調べないとインチキなナンバーで実は闇金だったということもあり得ます。

カードローンを選ぶうえで大切なこと

カードローンと一口にいっても、色んな種類のものが数多く販売されているので、検討するときには色々な要素をよく確認して自分に見合ったものを選ぶことが大事です。

例えば一番目につくのが金利ですが、大きく書かれた数字は必ずしも自分の借りたい希望額に対しての金利だと決まったものではありません。多くは借入額が少なければ金利は高く、逆に多くなれば金利は安くした変動金利を採用しています。中には固定金利の商品もあります。自分の希望額から金利を各社で計算して比較する、それがまず第一歩です。

次に借入までのスピードです。消費者金融や一部の銀行では条件を満たせば即日融資も可能と謳っている所が有りますが、その条件については異なりますので、どうしてもすぐに欲しいという場合にはその条件をよく確認します。そんなに急がないというのであれば、他の金利や返済方法などの条件に重点を置いて選択していきましょう。

返済方法についてもだいぶ多様化してきていますが、振込みしか受け付けない、手数料がかかるケースがある、ということもあります。ローンにおいてスムーズに返済を行うことは重要ですので、自分に都合によい返済方法があるかも確認しておきましょう。

これらのほかにもいくつも各社には特長が見つけられることでしょう。それぞれを良く見極めて、自分に見合ったカードローンを選択できるようになりましょう。

低金利で展開されるカードローン

カードローンのキャッシングのサービスは、低金利で運用される傾向が強くなり始めているのではないかと推測されています。利用者にとって、気軽に利用してもらえるように金利を低い水準に設定するという流れが見受けられるようになり、この動向が多くのところで確認されることに繋がっています。

返済時の金額のトータルが大きく変動する要素のひとつであるとされていることから、このような低金利でのカードローンのサービス展開は、注目を集めています。

他の金融的なサービスに比べても、総じて低い水準の金利に設定されているのではないかと思います。そのため、多くの人からカードローンを利用したいと希望する意見が寄せられるようになっていくことに繋がり、最も積極的に利用されるキャッシングのサービスの一種となりつつあります。今後も同様の傾向が多くの金融機関で維持されていくと見込まれているため、カードローンは利用しやすい融資方法として認識されるのではないでしょうか。

カードローン金利の比較方法について

カードローンの利用の条件を比較する際に、優先すべきなのは金利が安いか高いかということです。金利が少しでも低ければ総返済額に大きな違いができることもあるので、カードローンの比較の時には少しの違いでも金利が安いカードローンを選択すべきなのは言うまでもありません。金利以外の条件は二の次にしてもかまいません。

しかし、カードローンの条件を見てみればわかりますが、カードローンの条件の金利には幅が持たせてあることが普通です。上下の金利差は大きな違いがありますが、知らないで金利の比較をしているとどうしても低い金利の方に気を取られてしまいます。下限金利が低い方がよいカードローンと思ってしまうのです。

実はそれは間違いでカードローンの金利を比較する時には金利の高い方を比較しなければなりません。特に初めてカードローンを利用する場合にはほとんどが上限金利に近い金利で融資が決定されるからです。金利の比較では上限金利を比較しましょう。

消費者金融の無利息サービスが有利な理由

ある条件の下でキャッシングやカードローンを利用すると一定期間の利息がゼロになるという無利息サービスを実施している消費者金融は少なくありません。その条件は初回の借入に限ったり、無利息期間の日数制限があったりすることが普通ですが、借入をするたびに無利息サービスを設定してくれる消費者金融もあります。

パッと見れば無利息期間があまり長くないためにメリットが少ないように感じるかもしれませんが、支払利息を少なくするためには条件が合う人は必ず無利息サービスを活用すべきです。支払利息を少なくすることは総返済額を減らすことにも、返済期間を短縮することにもつながります。

キャッシングを利用した人が無利息期間中に一度でも返済をすれば、その期間は無利息ですから、返済金額は利息に充当されることはなく、返済金額のすべての金額が借入元本に充当されるので元本が大きく減ることになり、それ以降の利息額も減るということになるからです。

世間一般の消費者金融のイメージ

私は消費者金融のイメージとして最初に思い浮かぶのは借金が雪だるま式に増えて行くとか、自転車操業になる。という怖いイメージしかありません。1万円借りただけなのに、利子も払わなくてはなりません。

借りている以上それは仕方のないことだと思いますが、お金がないことほど惨めなことはありません。消費者金融で借金をする理由は何なのでしょうか?まず第一に考えられるのがギャンブル依存症、買い物依存症などの病に冒されていることだと思います。自分の手持ちの資金がなくても使いたくなるなんて病気としか考えられません。

そこまではまってしまうと抜け出すのもなかなか大変だと思います。
そこに消費者金融の魔の手が近づいてくるのです。消費者金融はいまや競争が激しいようにさまざまな手法でお客様とりに必死に成っています。そして、問題なのは簡単に借りられてしまうということでしょう。

簡単審査とかよくCMでやっていますが、人間、簡単という言葉には弱い物です。その言葉にだまされてまた何人もの人々が借金をしていると思うと、本当に怖くなってしまいます。

手軽なカードローンの落とし穴

今やテレビCMを見ない日が無いぐらい浸透しているカードローン。どのCMも手軽さをアピールしている事もあって、私も凄く手軽な感じでスタートしたのが3年前です。しかし当然の事ですが、結局はお金を借りている事に違いは無いのです!【無理の無い返済計画を!】と、どのCMにも最後に表示が出ていますが、そんな事は当たり前だ!という感じで、なんの計画も考えていませんでした。

私が利用したのが、三井住友銀行カードローン。元々口座を持っていた事もあり、必要書類や新たに用意したものは何もありません。運転免許証をアップロードしただけの、本当に作業まで手軽でその日の内にカードローン契約が完了しました!私の上限額は100万円。なので、いつもで100万円までは借りる状況が出来たという事になります。

最初に借りたのは10万円。特に必要だった訳では無いのですが、何となくなりました。翌月からその返済にあたる金額が通常の口座から引き落としされるのですが、確か引き落とし額は5千円でした。これが非常に惑わせるのです!10万円借りたのに、翌月には5千円だけ返せば良いのです!

しかも自動引き落とし。何から何まで手軽に事が進み、お金を借りている意識は一切ありませんでした!これがカードローンの最大の落とし穴からも知れません。気がつくと100万年全額借りていました。

ギャンブルの為なら

私は以前、パチンコ、競馬、競輪など、ギャンブルがとても大好きでした。毎日毎日仕事が終わっては、財布にありったけのお金を入れて、ギャンブルに足を運んでいっていました。

ギャンブルなので、勝つ時もあれば、負けが続くという日もあります。
しかし、トータルで考えると負けの方が多くなってしまうのが現実です。日々少々の負けでも、その負けを回数を重ねることによって大きな損、ダメージとなってしまうのです。そしてお金がもっと欲しい、今のままじゃ全然足りない生活していけれない、と思い、カードローンを組みお金を借りていくことにしました。
カードローンでお金を借りてはすべてギャンブルに使い、ギャンブルにすべてお金を注いでいました。

気づいた頃には多額の借金ができていました。それでもカードの限度額までいっぱいいっぱい使い切って、しまいにはカードからすらもお金を引き出す事はできなくなっていました。その時ようやく事態に気づいて、借金を返済していかなければいけないんだと実感しました。

借金完済にはまだまだ月日はかかります。地道に返していこうと思っています。
どうかギャンブルの欲求でお金を借りようと考えている方、踏みとどまってください。ギャンブルはあくまでも無くなってもいいお金でやるものです。
生活のお金まで使ってしまってはいけないのです。私のように本当に苦労します。

消費者金融の審査と風俗店勤務の女性

水商売や風俗店などで働いている女性が消費者金融に申し込み手続きをすると、果たして審査に通る可能性はあるのでしょうか。
世間の噂だと水商売の人はカードローンやクレジットは作れないと耳にしたことがあります。しかし、そんな事は無いのです。
もちろん絶対通ると断言することなどは出来ませんが、しかし通る可能性は十分にあると考えて良いでしょう。

なぜなら消費者金融とは、パートやアルバイト程度の収入しかない女性でも、審査に通る可能性はあるからです。しかも水商売や風俗店勤務の女性なら、通常のパートなどより高収入の可能性もありますので、むしろ審査に通る可能性は比較的高いと言えるかもしれません。

しかし注意しなければならないのは、その風俗店などが正規のお店ではなくて違法なお店であった場合です。そんなケースでは審査には通らないと考えて間違いないでしょう。

また、正規の風俗店勤務といっても、まだ勤務し始めてから1ヶ月程度しか経過していないような場合も、審査に通るのは難しいでしょう。無事に審査に通るためには、やはり勤続年数は半年くらいはあったほうが良いのです。